トラブルを起こしてしまったときの対処の方法について

その後について

交通事故で後遺症が残るような障害を負ってしまった場合、後遺障害等級認定を受けることで、等級に応じた損害賠償額を請求することができます。 後遺障害の等級は障害の度合いに応じて決められますが、人によって後遺症は様々で、目に見えやすい後遺症と高次脳機能障害などのような目に見えにくい後遺症があります。そのため、認定の結果が出たとしてもその等級が適正に判断されていないこともありますし、後遺障害が認められない場合もあります。 等級認定の申請や結果が適正かどうか疑問がある場合などは、弁護士などの専門家に相談することが望まれます。 特に交通事故案件を得意とした専門家に依頼すると、適正な損害賠償額を請求することができるようになります。

現在では、自動車を保有する際には必ず自賠責保険に加入することが義務付けられています。自賠責保険は交通事故を起こした際に、被害者に対して治療費等の損害賠償額を保障するものです。 自賠責保険では、交通事故によって後遺症が残った場合には障害に応じて損害賠償が支払われるようになっており、後遺障害等級制度を設けています。 等級認定されると、症状が固定されるまでの損害賠償とは別に後遺障害部分の損害賠償額が支払われるようになっています。 被害者が後遺障害に対する損害賠償を請求する際には、後遺障害を負うことによる肉体的、精神的負担の慰謝料の他に、介護が必要な場合は介護料や逸失利益なども含めた額を請求することができます。

↑ PAGE TOP