トラブルを起こしてしまったときの対処の方法について

知識について

必要な最低限の知識

人が亡くなると、その故人が所有していた預貯金や不動産、株券などの財産は、血縁者に相続することになります。この相続することができる血縁者や財産の分配方法などは民法で定められており、遺言書がない場合はその法律の取り決めで財産が受け継がれることになります。亡くなった人の配偶者は必ず相続することができます。そして、故人の実子や養子も受け継ぐことができます。亡くなった人が独身で配偶者や子供がいない場合や、故人よりも先に亡くなっている場合は、親や兄弟に相続権があります。親や兄弟もいない場合は、甥や姪、孫が受け継ぐことになります。分配方法は、配偶者が2分の1で子供が残りの半分を人数分で分けます。子供が2人であれば、それぞれ全体の4分の1をもらうことになります。

相続トラブルを防ぐ工夫

ドラマや映画では、莫大な財産の相続問題をめぐって、残された兄弟や親戚が争う場面がありますが、現実でも相続によるトラブルは起ります。よくあるトラブルとしては、親の介護を背負っていた子供と遠く離れて暮らしていた別の子供が遺産の取り分でもめたり、先妻の子供が後妻と遺産分配方法でももめるケースです。相続トラブルが原因で、兄弟や親戚の縁が切れることもあります。このようなトラブルを防ぐ方法としては、生きている間に家族や親戚に相続について話し合いをしておいて、もめないように遺言書を作成することがあげられます。遺言書は、自分の家族にどれだけ財産を分けるか決めることができます。民法で相続権が認められていない血縁者や友人や知人にも財産を残すことが可能です。

↑ PAGE TOP